神前式のはじまりと最近|ふたりの新しい門出に日本ならではの「神前式」

ふたりの新しい門出に日本ならではの「神前式」

神前式のはじまりと最近

紅葉

神前式といっても実際のところ、チャペルでのウエディングと比べ参加する機会もそれほど多くないのが現実かと思います。
そのためこれといったイメージが湧かない方も少なくないでしょう。
ではその始まりとは一体いつなのでしょうか。実は神前式の歴史はかなり古く、その始まりは遡ること100年以上も前の大正33年にあたります。
大正天皇のご成婚の慶事として行われたのが始まりだといわれており長い歴史の中で伝統ある挙式として現在まで大切にひきつがれています。
深い歴史をもつ「神前式」。ふたりのこれからを誓い合うカタチが100年以上もたった今も行えるなんてなんだかロマンチックですよね。
では次に神前式のおもな式の流れ、式次第について詳しく知っていきたいと思います。
神前式の主な式のとしては「修祓の儀」と呼ばれる入場から始まり、神職からふたりの結婚を神様に報告する「祝詞奏上の儀」、夫婦の永遠の契りを意味する「三々九度」。
そして「誓詞」と呼ばれる夫婦になるための近いの言葉が読み上げられ、「玉串礼拝」と続き「 神楽奉納」と呼ばれるふたりの門出を祝う舞も披露されたりします。
最近はチャペルでのウエディングと同じく神前式でも「指輪の交換」を行うところも増えてきているようです。
日本ならではの厳かな雰囲気で行われる挙式は一生の思い出になることまちがいなしです。